2018年度 全道研究大会のご案内

大会テーマ

地域共生社会の実現に向けた多様な地域福祉実践

大会趣旨

 これまで我が国の公的な福祉サービスは、高齢者・障害者・児童など対象者ごとの制度設計のもと専門的なサービスを提供することで福祉施策の充実を進めてきましたが、現実の縦割りのシステムには大きく見直しが求められています。平成28年7月、厚生労働大臣を本部長とした「我が事・丸ごと地域共生社会実現本部」を設置し、地域のあらゆる住民が役割を持ち、支え合いながら、自分らしく活躍できる地域コミュニティを育成し、公的な福祉サービスと協働して助け合いながら暮らすことのできる「地域共生社会」の実現に向けた方針と工程を取りまとめられ、地方自治体レベルにおける多様な地域福祉実践の必要性が強調されるようになりました。ただし、ここでいわれている共生概念は制度の縦割りを見直すという意味合いと地域住民による自主的な支え合いを創出するという意図が前提になっており、これまでの障がい者のケアを見直すという当事者性を重視した共生ケアの原則を問うものとは異なることに留意する必要があります。
 本学会は、これまで住民主体の多様な地域福祉実践の本質を追究してきましたが、地域包括ケアの深化や地域共生社会の実現が迫られる中、地域福祉政策に対する批判的な視点を見失うことなく、本年度の大会において、まちづくりの主体と参加の仕組みづくりを展開する多様な実践活動を展開するための手がかりを求めて、地域福祉の推進を目指すコミュニティワーカーの役割や機能、更には求められる専門性を問い直すという趣旨の下、「地域共生社会の実現に向けた多様な地域福祉実践」を大会テーマに掲げ、各領域で展開されている実践と課題について議論を深めることにしました。

1.主  催

北海道地域福祉学会

2.共  催

日本地域福祉学会北海道部会

3.後  援

社会福祉法人北海道社会福祉協議会(予定)

4.と  き

2018年11月10日(土)10時から16時30分まで

5.と こ ろ

北星学園大学第2研究棟 地下1F(住所:札幌市厚別区大谷地西2-3-1)


大きな地図で見る

6.参 加 費

学生:無料(院生除く)、会員:500円、非会員:1,000円(当日受付で申し受けます)
※会員区分は「北海道地域福祉学会員」若しくは「日本地域福祉学会員」となります。

7.内  容

8.交 流 会

研究大会終了後、会場付近にて交流会を開催します。参加を希望される方は参加申込書に必要事項を記入し、当日4,000円(予定)を事務局までお支払い願います。

9.参加申込

研究発表・実践報告発表希望者・研究大会参加ご希望の方は、参加確認書に必要事項をご記入の上、【発表者】10月26日(金)、【参加者】11月2日(金)までにWEB申込、Eメール、FAX、下記WEB申し込みフォームにてお申し込みください。

【大会開催資料ダウンロード】

(1)開催要綱(PDF) (2)研究発表募集要綱(PDF) (3)参加申込用紙(WORD)

【WEB申込フォーム】ネット上から参加申し込みが可能です

■お名前 (必須)

■ふりがな

■参加区分
会員(参加費500円)学生(無料:院生除く)非会員(1,000円)

※会員区分は「北海道地域福祉学会員」若しくは「日本地域福祉学会員」となります。

■所属

■役職

■電話番号

■メールアドレス (必須)

■交流会の参加
参加する(参加費4,000円予定)参加できない

■通信欄

★研究発表にエントリーする方は下記にご記入ください(要会員)★

■研究発表(いずれかにチェックしてください)
自由研究発表実践活動発表

■発表テーマ

■会員番号

■共同発表者①

■共同発表者②

■共同発表者③

●送信前承認●
※スパムメール防止の為、表示されている英数字を記入し送信ボタンを押してください。
※送信後、受付メールが届きます。
captcha

申込先・事務局

北海道地域福祉学会事務局(篠原・佐藤・畠山)
〒004-0022札幌市厚別区厚別南2丁目7-28 一般社団法人Wellbe Design内
TEL:011-801-7450 FAX:011-801-7451
E-mail:info@hacd.jp  URL:http://www.hacd.jp