テーマ



石狩のネットワークで作り上げる閉院跡地を活用した
『いしかり地域交流プラザあいまち』の設立による いしかりあいまち地域共生モデル」


1.ねらい

厚生労働省は2025年(平成37年)を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制「地域包括ケアシステム」の構築を推進しています。地域包括ケアを構成する5つの柱―医療・介護・福祉・住まい・地域連携が実現する姿とは、地域住民や専門職がつながってネットワークを構築して、地域社会を包み込んでいく実践から明らかにされていくと考えられます。
今回の定例研究会では、石狩市を活動フィールドとして福祉実践をされている運上氏に、住民が主体となって地域包括ケアシステムの構築に取り組んでいる事例から、協働・共生の実践について学びます。

2.主  催

北海道地域福祉学会

3.後  援

社会福祉法人北海道社会福祉協議会(予定)

4.と  き

2016年9月24日(土) 14時00分~16時00分(13:30から受付)

5.と こ ろ

北星学園大学第2研究第3会議室(住所:札幌市厚別区大谷地西2-3-1)


大きな地図で見る

6.講師

有限会社アット 代表取締役 運上 昌洋 氏

7.参加定員

30名 

8.参 加 費

学生(院生除く):無料、会員:500円、非会員:1,000円(当日受付で申し受けます)

9.交 流 会

研究会終了後、会場付近にて交流会を開催します。参加を希望される方は参加申込書に必要事項を記入し、当日4,000円(予定)を事務局までお支払い願います。

10.参加申込

9月20日(火)までに、参加申込書を用いてFAX、ホームページメールフォーム(下段)、Eメールでお申し込みください。

【定例研究会要綱ダウンロード】

(1)研究会要綱ダウンロード(PDF) (2)研究会参加申込書(WORD)

【WEB申込フォーム】ネット上から参加申し込みが可能です

■お名前 (必須)

■参加区分
会員(無料)学生(無料・院生除く)非会員(1,000円)

※会員区分は「北海道地域福祉学会員」若しくは「日本地域福祉学会員」となります。
※非会員の方はエントリー時にメールでお知らせする口座へに8月18日(火)までにご入金ください。
  請求書・領収書が必要な方は通信欄に宛名を添えてお知らせください。

■所属

■メールアドレス (必須)

■通信欄

※スパムメール防止の為、表示されている英数字を記入してください。
captcha

確認画面は表示されません。送信前にもう一度記入内容を確認ください。

申込先・事務局

北海道地域福祉学会事務局(篠原・佐藤・畠山)
〒004-0022札幌市厚別区厚別南2丁目7-28 一般社団法人Wellbe Design内
TEL:011-801-7450 FAX:011-801-7451
E-mail:info@hacd.jp  URL:http://www.hacd.jp